スタッフブログ

2018.01.23

独り言。。。

取引所のCMもテレビでバンバン流れるようになり、メディアでも話題に事欠きません。
出来たばかりの取引所が月間数兆円の売買をしている。
一部の人達だけでなく、私の身近な人間でさえ、億万長者が出てきている。
仮想通貨関連の株まで上がっています。
ほとんどの仮想通貨がバブルと言われ、信じられない位の比率で高騰してますが、現時点では、ほぼ実体のない通貨なので、バブルかどうかさえ定義出来ない状況になっています。
こんな事が日本だけでなく、世界中で起こっている。
勢いが凄すぎて、ちょっと恐い。
現状は投機対象になっていますが、もともとの狙いは中央集権型のシステムに対するビットコインの中核技術であるブロックチェーンの挑戦だったはず。
そもそもがインターネットのサービスはほとんどが中央集権型サービス。
特定の企業がデータベースを握り、企業を介してユーザーがサービスを利用し、その企業が多くの利益を得る。
CtoCと呼ばれているサービスも実際はCtoBtoCで中央にBがいて管理している。
そういう中央集権型サービスに対するネットワーク革命であった。
例えばビットコインは銀行という中央集権型のサービスを、イーサリアムが先導しているICOは証券会社や証券取引所を、非中央集権型なサービスで破壊しようとしている
それに協力する人たち、例えばビットコインで言えばマイナーの人たちに、コインを通して利益分配されている。
また、中央集権型サービスのメリットとして、サービスの品質が人力で保たれるところにあるが、ここは、機械学習、さらにはディープラーニングによって、サービスの品質向上が自動化される事が実現可能になってしまった。
インターネット業界の人たちはここ20年、既存産業を破壊する形で事業拡大を続けてきたわけだが、今度はブロックチェーンの登場に端を発した非中央集権型なサービスによって破壊される側に回るかもしれない。
そうなると新しいアイデアが沢山でてくる。
とある人の呟きに影響を受け、そんなわくわくする事を思い描きながらの独り言でした。
20180123_231417.jpg

  

サイト内検索